ここから本文です

ウイスキー文化、酔って学んで発信 8月に厚岸で初検定 樽詰め前の原酒試飲も

北海道新聞 5/13(土) 11:10配信

昨秋に製造開始

 【厚岸】一般社団法人「ウイスキー検定実行委員会」(東京、土屋守代表理事)は8月、釧路管内厚岸町で初めてウイスキー検定を開催する。堅展(けんてん)実業厚岸蒸溜所が昨年11月にウイスキーの製造を始めたことを受け、ウイスキー文化を広める目的。市販されていない同蒸溜所の樽詰め前の原酒を試飲できる特典もあり、愛好家の注目を集めそうだ。

【動画】知床望む海、シャチに歓声 羅臼沖(5/11)

 今回は5回目で、東京、札幌、厚岸など過去最多の7カ所で8月27日に開催。四つの級があり、世界のウイスキーの歴史や製法、飲み方などの知識を問う。

 厚岸で受験する特典として、道の駅厚岸グルメパーク・コンキリエのレストランで8月26~28日に食事をすると、同蒸溜所の樽詰め前の「ニューメイク」を無料で試飲(30ミリリットル)できる。

 受験料は初級レベルの「3級」で4千円。詳細はホームページ(http://whiskykentei.com/)で確認できる。

北海道新聞

最終更新:5/13(土) 11:10

北海道新聞