ここから本文です

ホークス・川崎悪ノリ?空手上段突き披露「はぁっ!」 内川&岩崎をヨイショ 熊本の小学校が「川崎劇場」

5/13(土) 6:58配信

西日本スポーツ

 13日の楽天戦は、昨年の熊本地震後、初の藤崎台県営野球場での主催試合。12日は、ホークスの川崎、内川ら17人が熊本県益城町の三つの小学校を訪問。体育館が「川崎劇場」になった。益城町内3校の訪問先のうち広安小には、進行役でヤフオクドームのスタジアムDJも訪問。そのお株も奪う奮闘ぶりだ。

【写真】川崎のファンサービスに現れ、サインを求めるジェンセン

 11日の本拠地オリックス戦でホークス復帰後初猛打賞。質問してきた児童が空手をやっていると聞き、調子を上げた。「僕もやってた。幼稚園から小6まで。何帯? 黄色? 俺、茶色までいった。すごいでしょ。あのまま黒帯になってたら、空手の選手になってここに来てた」。児童の要望で上段突きも披露。真顔で「はぁっ!」と声も決め、シュールな笑いが起こる。

 そのうち周りも乗せられた。点が入らなくてイライラすることはあるかという質問に、岩崎が「内川さんゲッツー打ってんじゃねえよって思います…ウソです、ウソですよ」とまさかの先輩いじり。たじたじの内川に一同大笑いだった。

 川崎はマイクを握り続ける。岩崎がキャッチボールを実演すると「本番はこの5倍速くて球が見えない」と紹介。児童から岩崎のキャッチボール相手を募って名前で呼び「上手よ。ずっと頑張って野球やってたら俺が取りにいく」と約束した。内川の素振りには「もう少しで2000本。すごい。もう、右バッターで歴代最高。落合さんを超えました」とまくしたてた。

 昨オフに2度、熊本を訪れた。「時間はたってるけど、みんな忘れずにやらなきゃ。今日ちょっと元気になったよ、僕も。すごく大変だったんだろうけど、そういうそぶりも見せない。僕らのパワーにつながる。楽しかった」。5、6年生計240人と約1時間の交流。感想は元気で返した。

 「まだまだ協力しないと。野球やってる限りできることをやる。やり続ける」。自身、前回熊本での試合は2011年に3安打。ただ結果以前に「野球を目いっぱい楽しむ姿を見せるだけ」と言う。「お客さんに少しでも元気になってもらう。それが俺らの一番の喜び。少しでも球場に行こうかなって、そういうエネルギー…生きるエネルギーになってくれれば。そういうプレーをしたいね」。昨年末に少年野球教室を行った藤崎台。また目いっぱい楽しむ。

=2017/05/13付 西日本スポーツ=

西日本スポーツ

最終更新:5/13(土) 7:12
西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 16:25