ここから本文です

ホークス工藤監督、熊本県と市にそれぞれ100万円寄付 秋には「日本一」届ける

西日本スポーツ 5/13(土) 10:00配信

 今年は絶対に届ける! 工藤公康監督(54)が、熊本で今季の日本一を誓った。熊本市の藤崎台県営野球場での楽天戦を翌日に控えた12日、熊本県庁と熊本市役所を訪れ、それぞれに個人で100万円の義援金を贈呈。昨年は地震発生から3カ月後の7月に被災地を訪問し日本一を約束したが、まさかのV逸。今年こそ誓いを果たす覚悟だ。

【写真】震災被災地の高校へ、マイクロバスを贈った和田

 ソフトバンクにとって地震後初の熊本での公式戦を前に、工藤監督の表情が引き締まった。「(昨季の)結果は申し訳ないが、強い思いを持ってみんなやっている。(熊本に)素晴らしい報告ができるように頑張ります」。同市役所の市長室の窓から雨にぬれる熊本城を見つめ、復旧工事が進む天守閣へ誓うように日本一奪回を約束した。

 昨年7月は、気温32度の猛暑の中で子どもたちとふれ合った。今年1月には震災で大きな被害を受けた西原村を訪れ、野球教室を開催。保護者らが畑の一角を改造した臨時のグラウンドに胸を熱くした。「子どもへの強い思いの表れを見た。(13日は)プロ野球のすごさを子どもたちに見てもらいたい。今のチーム状態はいいが、たとえよくなくても勝てると思う」。熊本で負けるわけにはいかない。

=2017/05/13付 西日本スポーツ=

西日本スポーツ

最終更新:5/13(土) 10:00

西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/29(月) 14:55