ここから本文です

【WTCC】ハンガリー:シトロエンのバラストが10kg増の60kgに変更。平均ラップタイムの計算を誤ったか

motorsport.com 日本版 5/13(土) 9:06配信

 今週末行われるWTCC(世界ツーリングカー選手権)第3戦ハンガリーラウンドで、シトロエンC-Elysee WTCCは前回よりも10kg増加した60kgのバラストを搭載する予定だ。

【写真】シトロエンでプライベーター参戦するロブ・ハフは、モンツァラウンドで2度表彰台に登った

 バラスト量の変更に関する公式発表は未だないが、以前FIAが算出した平均ラップタイムの計算に誤ちがあったため、このような調整が行われたとみられている。

 シトロエンC-Elysee WTCCは、これまでの2ラウンドでホンダとボルボよりもラップタイムが0.3秒遅いと算出され、ウエイトの重量に変更の必要はないものとされていた。しかし実際には0.2秒であったことが判明している。

 他のすべての車重とタイム差に変更はなく、ホンダとボルボはそれぞれ最大積載量となる80kgのバラストを搭載し、シボレー・クルーズとラダ・ヴェスタは、バラスト搭載量ゼロでハンガロリンクに挑むことになる。

Neil Hudson / TouringCarTimes

最終更新:5/13(土) 9:06

motorsport.com 日本版