ここから本文です

「超二流でいい」― “神走塁”鈴木尚広が東京五輪目指す女イチローに持論

5/13(土) 10:32配信

Full-Count

元巨人・鈴木尚広&北京五輪ソフト金・山田恵里が異色対談…互いの「一流論」とは

 異色の“トップ対談”が実現した。巨人で228盗塁をマークし、数々の「神走塁」を演じた鈴木尚広氏(39)と北京五輪女子ソフトボール日本代表主将として金メダルを獲得し、「女イチロー」と呼ばれた山田恵里外野手(33)が初対面。対談の前編では東京五輪の正式種目に復活した両競技の違い、面白さなどについて語り合い、「引き際」についても意見を交わした。

新戦力続々…2005年~2016年の各球団ドラフト指名選手一覧

「代走のスペシャリスト」として巨人一筋で活躍し、昨季限りで引退した鈴木氏。一発勝負にかけて準備にこだわる姿勢は真のプロフェッショナルとして称賛されてきたが、山田も女子ソフトボール界の天才打者として国内リーグのタイトルを総なめにし、米国のプロリーグに参戦するなど、ソフト界の野手第一人者として確固たる地位を築き上げた。そんな両スターが初対面を果たし、山田は「二流が一流になるにはどうしたらいいですか?」と“直球質問”も投げかけた。

 果たして、野球、ソフトボールで一流と評された2人が語る「一流論」とは――。

――今回が初対面。お互いのイメージは?

鈴木「イチローさんの名前が(異名に)ついているくらい、すべてにおいて秀でている。僕は一度、テレビ番組の企画でソフトボールのアボット投手(米国代表)と対決したことがあるけど、あんな速い球、プロ野球選手でもかすりもしない。そんな球でもできるのはすごいなと思います」

山田「守備では打球にいく速さ。落下点への入り方がすごく速くて、攻撃ではどんなところにも打ち分けるという印象。走塁だったら、投手主導でプレーは始まるけど、自分主導で走塁している印象です」

――プロ野球選手でも女子ソフトの球はなかなか打てない。

山田「慣れたら打てると思います。プロ野球選手の方だったら」

鈴木「確かに慣れだと思うけど、初対戦なら打てない。アボット投手(米国代表)と対戦した時は、こちらのプロの選手もみんな本気だったし、アボット投手も負けず嫌いなので本気。他3人はいい打者だったので、僕にだけ気を抜いていたと思う。それで、たまたま打てました(笑)」

1/3ページ

最終更新:5/13(土) 10:35
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/26(火) 9:35