ここから本文です

路上強盗の疑い、男2人を逮捕 川口などの事件も関連を捜査/県警

5/13(土) 22:16配信

埼玉新聞

 埼玉県警捜査1課と蕨、川口署の合同捜査班は13日までに、強盗致傷の疑いで、いずれも建設作業員の川口市芝下2丁目、男A(20)と戸田市新曽、男B(20)を逮捕、さいたま地検に送検した。

 逮捕、送検容疑は共謀して4月29日午前1時15分ごろ、蕨市塚越2丁目の市道で、徒歩で帰宅途中の会社員男性(25)を後ろから羽交い締めにして顔を殴るなどの暴行を加えて約1週間のけがを負わせ、現金約4万円などの入ったビジネスバッグを奪った疑い。いずれも「間違いない」などと容疑を認めているという。

 同課によると、現場は人通りの少ない場所で、徒歩で男性に近づいて1人が体を押さえ、もう1人が暴行を加えた。防犯カメラの映像などから関与が浮上した。

 川口、蕨、戸田市内では4月24日から今月9日にかけて、2人組の男による路上強盗事件が4件発生。県警で関連を捜査するとともに、2人の関係や犯行の動機についても調べている。

最終更新:5/13(土) 22:16
埼玉新聞