ここから本文です

カンテでもアザールでもなく、ランパードが優勝のMVPに選んだのは「突出していた」人物

5/13(土) 13:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

古巣の躍進に喜ぶ

かつてチェルシーで長きにわたり活躍した元イングランド代表のフランク・ランパード氏が、古巣のプレミアリーグ優勝を祝福している。

チェルシーは12日、プレミアリーグ第37節のウェストブロムウィッチ戦に臨み、83分にミッチー・バチュアイが値千金の決勝弾を叩き込み、1-0と辛勝。この勝利により、アントニオ・コンテ率いるブルーズは2年ぶり6度目のリーグ優勝を達成し、昨季のスランプを忘れさせる輝かしいシーズンに花を添えている。

かつてこの青いシャツを纏っていたランパード氏は、コンテの手腕を褒め称え、長期政権が実現するだろうと予測した。英『sky SPORTS』がレジェンドの言葉を伝えている。

「きっとアントニオ・コンテはこのチームで長い間黄金時代を築き上げることになるだろう。チェルシーのサポーターもコンテがずっとここで指揮し続けることを希望しているしね。今季のコンテの采配、マネージメント、さらにはそれらによって達成したこの結果には本当に驚かされるよ。突出していたと言えるね」

さらに彼は何人かのMVP候補を名指ししたものの、やはりNo.1はイタリア人のボスだと感じているようだ。

「エンゴロ・カンテは今季のシンボルだし、それはエデン・アザールについても言える。でもシーズンのMVPはやっぱりアントニオ・コンテだよ。シーズンスタートは10位だったけど、そこからトップに引き上げた。とても爽快なシーズンだったね」

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合