ここから本文です

穂積絵莉/加藤未唯組 2大会連続V、第4シードにストレート勝ち<女子テニス>

tennis365.net 5/13(土) 21:30配信

トロフェオ・レアレ・ムチュア

女子テニスのトロフェオ・レアレ・ムチュア(イタリア/ローマ、レッドクレー)は12日、ダブルス決勝が行われ、第1シードの穂積絵莉/ 加藤未唯組が第4シードのE・ゴルゴゼ(グルジア)/ M・ストッケ(ノルウェー)組を6-1, 6-4のストレートで下し、優勝を飾った。

【ジョコビッチvsナダル 1ポイント速報】

この試合、2度のブレークを許した穂積/ 加藤組だったが、自身らは6度のブレークに成功して1時間5分で勝利した。

今回の優勝で、前週のカンガルーカップ国際女子オープンテニス2017(日本/岐阜、ハードコート)に続いて2大会連続のタイトルとなった。

穂積/ 加藤組は1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で、日本人ペアとして大会史上初、四大大会では2002年の杉山愛/ 藤原里華組以来15年ぶりとなるベスト4進出の快挙を達成。大会後にはダブルスの世界ランキングで、穂積が29位、加藤が30位に浮上し自己最高位を記録した。

tennis365.net

最終更新:5/13(土) 21:30

tennis365.net