ここから本文です

【全日本F3】第6戦富士:パロウがウエットレースを制し今季2勝目。坪井にペナルティ、高星車検不合格で失格!

motorsport.com 日本版 5/13(土) 19:02配信

 2017年の全日本F3選手権の第6戦が13日、富士スピードウェイで開催。予選から大粒の雨が降る難しいコンディションとなったが、アレックス・パロウ(THREE BOND)がポール・トゥ・ウィンを果たし今季2勝目を飾った。

 今季初の富士ラウンドとなったが、朝から雨脚が強く、路面はフルウエットのコンディションに。今回は第6戦、第7戦向けにそれぞれ10分ずつの予選が行われ、現在ランキング2位のパロウがライバルを圧倒するタイムを叩き出し、2戦ともポールポジションを獲得した。

 お昼になっても雨は弱まることなく、併催されたインタープロト・シリーズのジェントルマンレースはSC先導でレースを進めるも途中で赤旗終了。F3も無事に開催されるか心配されたが、各車がグリッドに並ぶ頃には、雨も弱まり通常のグリッドスタートでレースが始まった。

 1コーナーをトップで通過したパロウは、1周目から後続を圧倒。一時は独走に近い状態を築く。一方、2番手には坪井翔(カローラ中京kuo TEAM TOM’S)がつけるが、パロウとの差は広まるばかり。さらに3番手には今季4勝を挙げランキング首位を快走する高星明誠(B-MAX RACING WITH NDDP)が続くが、ライバル2人のペースについていけず、今回は苦しい展開となってしまった。

 このままパロウが独走優勝かと思われたが、中盤から後半にかけてペースが伸びず、徐々に坪井が接近。残り2周のところで射程圏内につけた。しかし、難しいコンディションでミスをしてしまい、最終ラップの1コーナーでパロウと接触。幸いパロウは大きなタイムロスなくトップのポジションを維持し、そのままトップチェッカー。第2戦岡山以来となる今季2勝目を挙げた。

 接触後、坪井もなんとか状態を立て直して3位でチェッカーを受けるが、パロウとの接触の際にコースアウトまで追いやっていたとして30秒加算ペナルティが課せられ、8位という結果に。2位には高星、3位には大津弘樹(TODA FIGHTEX)が入った。

 優勝を飾ったパロウは「鈴鹿から比べると前進したと思う。雨の中で、特に序盤3周は良いラップを刻めた。後半のラスト5周はペースが伸びなくて、坪井選手が少しずつ迫ってきて、ラスト2周は接近戦のバトルになった。ファイナルラップでアクシデントがあったけど、幸い僕はこのポジションにいられてよかった」とコメント。まずは今季2勝目を飾れて安堵の表情を見せていた。

 しかし、レース後にまさかの展開が待っていた。再車検の対象になっていた高星のマシンがインテークシステムの制御違反により車検不合格に。これで失格となり大津が2位、イェ・ホンリー(Team KRC with B-MAX)が3位に繰り上がった。

吉田知弘

最終更新:5/13(土) 19:02

motorsport.com 日本版