ここから本文です

【F1】FIA、スペインGPのDRSゾーンの拡大を決定/スペインGP

motorsport.com 日本版 5/13(土) 20:24配信

 FIAは、スペインGPでメインストレートのDRSゾーンを100m拡大することを決定した。

【ギャラリー】第5戦:スペインGP(随時更新)

 今年はレギュレーション変更によってマシンの幅が広がり、スピードは上がったものの、結果としてオーバーテイクの回数が減ってしまった。ドライバーは、前を走るマシンに近づくことにも苦戦し、まだブレーキングゾーンが短くなったことも、オーバーテイクを減らす要因となった。

 オーストラリアGPと中国GPを分析したところ、今年はDRSゾーンを拡大する必要はないと考えられていた。しかし前回のロシアGPでは、オーバーテイクの回数が極端に少なかったことから、FIAは昨夜、スペインGPでメインストレートのDRSゾーンを100メートル延長することを決めた。

 本来の計画では、最終コーナーから157m過ぎた地点にアクティベーションポイントを設置する予定だった。しかし土曜日の朝、最終コーナーから57m過ぎた所よりDRSゾーンとなることがチームに通達された。

 DRSゾーンの拡大は、1コーナーでのオーバーテイクの機会を増やす手助けになる可能性がある。しかし、ドライバー全員がこの状況を打破するためにDRSを使うことに賛成しているわけではないという。

 現在ドライバーズランキング首位のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は、こう話した。

「僕はDRSゾーンを拡大することに賛成できない」

「数年前にDRSを導入した時、(オーバーテイクが)あまりにも簡単になった。前を走るマシンに近づいたら簡単に追い抜くことができるから、そういう場合はいいけど、これはオーバーテイクのアイデアではない」

「伝統的にここの最終コーナーでは、ストレートラインに向けて前のマシンに近づくことが難しい」

「個人的にはもちろん、前のマシンに近づいて、そのマシンを追い抜くために何かしたいと思う。でもオーバーテイクはチャレンジだし、サイド・バイ・サイドになれるような道具を使って前のマシンに追いついたり、追い抜く必要はない。オーバーテイクのためには違うラインを走ったり、違うことをするべきだ」

Jonathan Noble

最終更新:5/13(土) 20:24

motorsport.com 日本版