ここから本文です

【F1】スペインGP予選詳報:アロンソ、母国レースで7番グリッド確保!首位はハミルトン。ベッテル0.051秒差で2番手に続く

5/13(土) 23:00配信

motorsport.com 日本版

 5月13日、F1第5戦スペインGP予選が行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。2番手には0.051秒という僅かな差でフェラーリのセバスチャン・ベッテルが続いた。

2017年F1スペインGP予選結果

 会場となるカタロニア・サーキットは、フリー走行3回目(FP3)に引き続き好天候に恵まれ、気温26度、路面温度44度というコンディションだった。

Q1:アロンソQ2進出、バンドーンはQ1敗退。

 まず18分間のQ1がスタートし、最初にマクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンがコースイン。それにザウバー、フォースインディア、ハース、それにFP3でマシントラブルに見舞われたフェラーリのセバスチャン・ベッテルが続いた。

 ベッテルは、FP3終了後2時間以内でエンジン(ICE)交換を行って予選に臨んでいた。まずインスタレーションラップを行うベッテルは良い感触を得たのか、チームの懸命な作業に対し感謝を述べた。しかし、しばらくするとマシンはスローダウン。チームはピットインを指示したが、ベッテルがマシンのセッティングを変えたところ調子は好転したようで、そのままタイムアタックを行なった。

 セッション残り9分のところで、メルセデスのルイス・ハミルトンが1分20秒511をマークしトップに浮上。それにベッテルとバルテリ・ボッタス(メルセデス)が0.4秒遅れで続いた。

 セッション残り3分でフェラーリのキミ・ライコネンが1分20秒742をマークし、ベッテルを上回って2番手となった。

 セッション終盤、Q2進出を賭けてQ1敗退圏付近に位置するドライバーたちが続々とコースイン。そのうちのフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)は、ラストアタックで好タイムを記録。10番手に浮上してQ1進出を確定させた。その僚友であるストフェル・バンドーンは自己ベストを更新するものの、19番手に沈んだ。

 Q1敗退となったのは、マーカス・エリクソン(ザウバー)、ジョリオン・パーマー(ルノー)、ランス・ストロール(ウイリアムズ)、バンドーン、ダニール・クビアト(トロロッソ)だった。

1/2ページ