ここから本文です

1点が遠かった楽天・梨田監督、反撃しきれず「8回に点を取れていれば」

5/13(土) 18:29配信

Full-Count

14日は大黒柱の1人・岸が先発「先制点を取れるようにしたい」

 楽天に、あと1点が重くのしかかった。13日のソフトバンク戦(熊本)。終盤に反撃し、1点差まで詰め寄ったものの、あと一歩及ばずに競り負けた。試合後、梨田昌孝監督は「8回に点を取れていれば、と思う。追いつけなったからね」と天を仰いだ。

期待の新人が活躍中、楽天ここ10年のドラフト指名選手一覧

 初回に、今季4勝負けなしだった先発の美馬が自身の悪送球などが絡んで2失点。その後は走者を出しながらも、粘り強く失点を防いでいた。指揮官が嘆いたのは8回の攻撃。島内の5号ソロで1点を返し、さらに岡島の中前安打、茂木の一塁内野安打、ペゲーロの左前適時打で1点差に迫った。

 だが、一、三塁でウィーラーが放った強烈な当たりはソフトバンク3番手・岩崎の右足に当たって投ゴロに。なおも2死一、二塁だったが、アマダーは3ボールからの4球目を打ちにいき、遊ゴロ。反撃ムードが萎み、指揮官は「打てのサインを出していたから打ったんだろうけど、もう少しいい当たりを打って欲しかった」と表情を曇らせた。

 接戦の末に敗れ、連勝は2でストップ。「勝つに越したことはないけど、いいゲームは出来ている」と指揮官。14日の同戦は大黒柱の1人・岸が先発予定。指揮官は「先取点を取れるようにしたい」と話した。

 2位・ソフトバンクが1.5ゲーム差に接近してきており、何とか1つ勝利したいところだ。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

最終更新:5/13(土) 18:29
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 18:05