ここから本文です

ヴァイニーと宇都直輝が計45得点を挙げた富山、仙台から逃げきり白星

バスケットボールキング 5/13(土) 21:01配信

 5月13日にB1残留プレーオフ 2016-17の1回戦第1戦が富山市総合体育館で行われ、リーグ全体15位の富山グラウジーズが同18位の仙台89ERSと対戦した。

 第1クォーターは片岡大晴に10得点を与えたが、富山は先発出場した全5選手が得点を記録。18-18の同点で最初の10分間を終えた。

 第2クォーターはドリュー・ヴァイニーの12得点など一挙25点をマーク。43-36と7点のリードを奪って、前半を折り返した。

 第3クォーターは開始早々に宇都直輝の連続得点で点差を12点に広げるも、直後に3連続得点を与えて開始3分4秒で48-42に。それでも、相手を上回る18点を積みあげ、61-52でこの10分間を終えた。

 最終クォーターは再び攻めこみ、試合終了残り6分16秒に挙げたヴァイニーの得点を皮切りに4連続得点をマークして点差を12点に。同4分8秒には宇都が2本のフリースローを決めて79-64と15点差まで広げると、その後は追いすがる仙台から逃げきり、87-79で試合終了。ヴァイニーが両チームトップタイの24得点を挙げ、宇都が21得点14リバウンド4アシストと攻守に躍動して第1戦の勝利に貢献した。

【試合結果】
富山グラウジーズ 87-79 仙台89ERS

BASKETBALL KING

最終更新:5/13(土) 21:01

バスケットボールキング