ここから本文です

デジタルで「三十三観音」紹介 鎌倉、長谷寺境内のミュージアム

カナロコ by 神奈川新聞 5/13(土) 9:03配信

 鎌倉市長谷の長谷寺境内にある観音ミュージアムに、「鎌倉三十三観音」を紹介するデジタルコンテンツが導入された。普段は参拝できない観音像も画像で見ることができる。

 同ミュージアムは観音信仰を身近に伝える拠点を目指し、デジタルコンテンツ活用に力を入れてきた。三十三観音は全国にあり、鎌倉市内の現在の霊場は大正から昭和にかけて設けられた。

 新設された「鎌倉三十三観音巡礼ガイド」はタッチパネルで操作でき、33カ所をマップに表示。各寺の沿革と観音像の写真のほか、巡礼の御詠歌や御朱印も紹介している。通常公開していない観音像も数多いという。

 同ミュージアムは「観音様がいつも見守ってくれているという信仰を伝えたい」と来場を呼び掛ける。問い合わせは、同ミュージアム電話0467(22)6100。

最終更新:5/13(土) 9:03

カナロコ by 神奈川新聞