ここから本文です

二上山 魅力いっぱい 料理や散策楽しむ

5/13(土) 21:40配信

北日本新聞

 高岡市二上まなび交流館(安田洋一館長)のイベント「春の二上山を楽しもう」が13日、同市二上の同館周辺で行われた。参加者は料理や散策を楽しみ、二上山の自然を満喫した。

 市内外の小学生と保護者計20人が参加した。開会式で安田館長が「新しい友達を作って、楽しい思い出にしてください」とあいさつ。参加者は二上山で採れたタケノコがたっぷり入ったカレーライスやサラダなどを作った。高岡市古府小学校3年の林みちるさん(8)は「カレーをいっぱい食べたい」と顔をほころばせた。

 約1時間かけて二上山を散策。二上山の自然保護に取り組む森林ボランティアグループ「グリーンサポート十夢草野(とむそうや)の会」代表の山下眞佐子さんから、春の植物の解説を受けた。

 二上まなび交流館に戻った後は、竹串で傷を付けることで文字が書けるアオキの葉を使い、母の日用のポストカードを作った。

 旧県二上青少年の家時代からイベントを行っており、春、秋、冬の年3回実施している。

北日本新聞社

最終更新:5/13(土) 21:40
北日本新聞