ここから本文です

バター香る生地16層重ね、ぱりっと美味 那覇市首里末吉「クロワッサンのお店クイニー」

5/13(土) 7:45配信

沖縄タイムス

 県内では珍しいクロワッサンの専門店として、2013年8月に開店した。12種類のクロワッサンのほか、約45種類のバラエティー豊かなパンを目当てに、地元客やお土産を買い求める会社員でにぎわう。

この記事の他の写真・図を見る

 目玉のプレーンなクロワッサン「パリワッサン」(120円)は、ぱりっとしたかみ応えのある食感が特徴。一般的に多い27層の生地ではなく、歯応えを際立たせるため16層の生地で仕上げており、重なった一枚一枚が厚い。バターの香りを引き立たせるため、全行程に3日費やし、じっくりと生地を寝かせている。

 練乳クリーム(170円)やチョコ(160円)など、子どもや女性に人気の甘いクロワッサンのほか、具だくさんピザ(190円)、料亭風たまごとセミドライトマト(190円)といったおかず系もそろう。

 焼き上がってから30分~3時間が、バターの香りが内部まで広がり、食感もいい「食べ頃」。午前、昼、午後の一日3回、焼きたてを提供している。

 1個ずつアルミホイルで包み、オーブントースターで3~5分温めた後少し置けば「自宅でも焼きたてのおいしさが食べられる」のだとか。本場フランス風に、カフェオレに浸す食べ方も勧めている。

 切り盛りするのは、東京や県内のベーカリーで修行を積んだオーナーの山本和治さん(29)。楽しみは「お客さんの『おいしい』の言葉を励みに新メニューを考えること」と話す。クロワッサン以外のパンも含め月に2、3種類は新メニューが登場する。

 6月からは豊見城市での移動販売も始め、2号店の出店も計画している。

 多くの人にこだわりのクロワッサンを食べてもらうため、目標に向かって奮闘中だ。(那覇市担当・松田麗香)

 【お店データ】那覇市首里末吉町1の187の8。営業は午前11時~午後7時。年中無休。駐車場あり。電話098(988)8867。

最終更新:5/13(土) 7:45
沖縄タイムス