ここから本文です

ホンダF1「エンジンの底に大きな穴」とトラブルを説明。PU交換で最下位タイムのアロンソは予選に自信

オートスポーツweb 5/13(土) 14:19配信

 ホンダF1プロジェクト総責任者の長谷川祐介氏が、スペインGPでフェルナンド・アロンソのパワーユニットに起きたトラブルについて説明した。

2017年F1第5戦スペインGP金曜FP1 撤去されるフェルナンド・アロンソのマクラーレン・ホンダから流れだす大量の液体

 アロンソは金曜フリープラクティス1回目、アウトラップをスタートした直後にトラブルに見舞われてコース脇にマシンをとめた。マシンからは白煙が上がり、大量の液体が流れ出していた。

 長谷川氏は、テレメトリーデータで異常を確認し、アロンソにマシンを止めるよう指示したが、間に合わずにエンジンがブローしてしまったと語った。

「油圧が完全に落ちてしまいました」と長谷川氏が述べたと英AUTOSPORTが伝えている。

「エンジニアがアロンソにエンジンを止めるように言いましたが、間に合いませんでした」

「エンジンの底に大きな穴が開き、そこからオイルが漏れ出していました」

「(エンジン内部の)オイルリークが起きた理由は分かりませんが、エンジンがブローしたのはこういうわけです」

 ホンダは根本的な原因について調査中であるということだ。

 パワーユニットを交換し、アロンソはFP2でコースに復帰し、21周を走ったが、タイムは上がらず、トップから3秒275差の最下位に終わった。

 これについてアロンソは次のように説明している。

「午後のセッションでぱっとしなかったのは、新しいパワーユニットに積み換えた後、エンジンの調整をしなければならなかったからだ」

「序盤の走行2回ほどは、パワーが安定しなかった。でも時間がなかったから、調整が終わる前に、新品タイヤを履いて走った。セッション終盤には燃料を多めに積んで、他の皆と似たような状態で走行し、予想していたのとほぼ同じぐらいのラップタイムを出した。決勝で主なライバルとなるだろうチームと近いタイムだった」
 
「明日に向けて自信を持っている。すべてをうまくやれれば、それなりにいいポジションにつくことができるだろう。ライバルたちにもっと近づきたいと思っているよ」   

[オートスポーツweb ]

最終更新:5/13(土) 14:21

オートスポーツweb