ここから本文です

アロンソ、今季初のF1予選Q3進出、7位の快挙に笑顔。「上位争いできる位置を確保した!」マクラーレン・ホンダに感謝

5/13(土) 23:40配信

オートスポーツweb

 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソが、スペインGPの予選で7位を獲得、チームにとって今季初のQ3進出を果たし、ここまでの予選ベストポジションをゲットした。

2017年F1第5戦スペインGP フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)が予選7位を獲得。トップ3ドライバーとともにインタビューを受ける

 金曜のFP1ではアウトラップでパワーユニットにトラブルが発生、セッションを完全に失ったアロンソ。パワーユニットを交換してFP2ではコースに復帰したものの、キャリブレーションが必要なためにタイムは最下位に終わった。

 しかし土曜FP3では10位タイムを記録、まずまずの位置につけた後、予選に臨んだ。Q1では12位を獲得して通過、Q2では10位に入り、チームにとって今季初のQ3進出を決める。そしてQ3では残ったソフトタイヤ1セットを使って1回のランで臨み、1分21秒048のタイムで7位を獲得、トップ3チームに次ぐ位置を確保した。

 アロンソは、予選直後に、トップ3ドライバーたちとともにインタビューに応じ、「オーバルで走ったことで、ストレートで速く走れる方法も学べたのかもしれないね」と笑顔で冗談を言った。
「間違いなくいい予選だったね。7位は贈り物だ。明日何ができるか見ていこう」

 日曜にこのポジションを維持できるかと聞かれたアロンソは「明日にならないと分からないな。ここはオーバーテイクが難しいサーキットだから、なんとかポジションをキープしたい」と答えた。

「今日はすべてをうまくまとめることができた。自信を持ってマシンを走らせることができたんだ」とアロンソが後に述べたとF1iが報じている。

「風が強くて、すごく難しいコンディションだった。でもこのマシンは常に、100パーセントプッシュできるという自信を与えてくれたんだ。うれしいよ。チームにとっても素晴らしいことだ」

「皆、本当に頑張ってくれている。序盤戦には何度もパワーユニットを交換しなければならなかった。でも今日7番グリッドを獲得することができた。僕らは上位争いをしなければならないと思っている。今日、そういう相手に近いグリッドを確保できたことは、チーム全員にとって大きな後押しになる」

「でもレースは明日だ。土曜の結果ではポイントは手に入らない。いいレース戦略を用意し、スタートをうまく決めて、いいレースを走って、ポイントを手に入れたい」

 アロンソは今季ここまで、決勝で一度もフィニッシュしておらず、今回もし入賞を果たせば、マクラーレン・ホンダにとって今季初のポイント獲得となる。    

[オートスポーツweb ]