ここから本文です

中・上級に賞金 11月に中能登トレイルラン

北國新聞社 5/13(土) 1:24配信

 中能登町の山道を駆け抜ける大会「中能登トレジャートレイルラン」(本社後援)の実行委員会は、11月5日に開催する第4回大会から、中・上級者向けコースに賞金を導入する。初心者用の10キロコースも新設する。

 賞金はドリーム(50キロ)とゴールド(25キロ)の各コース上位3人らに贈られる。大会の協賛金で賄う。

 新設の「ファンタジーコース」は、町ラピア鹿島を出発し、町名勝「不動滝」周辺の山道を走り、ゴールである道の駅「織姫(おりひめ)の里なかのと」を目指すルートとなる。

 昨年まで実施していたプラチナコース(40キロ)と、あぜ道や砂利道を走るダートマラソンコース(10キロ)はいずれも廃止する。

 実行委は、B2判のポスター200部、A3判二つ折りのパンフレット3千部を製作した。町役場や町内の公共施設、大会の協賛店舗などに設置する。

 実行委は参加者を募っており、コース別の参加費はドリームが1万1千円、ゴールドが7千円、ファンタジーが4千円となる。今月31日までは千円引きで申し込める。締め切りは7月17日となる。

北國新聞社

最終更新:5/13(土) 1:24

北國新聞社