ここから本文です

8月の予備率4・3% 北陸の電力需給

5/13(土) 1:19配信

北國新聞社

 北陸電力は12日、北陸エリアの7~9月の電力需給見通しを発表した。供給予備力を示す予備率は2010年並みの猛暑になっても、3カ月とも安定供給の最低限の目安とされる3%を上回った。8月の予備率が4・3%で最も低くなっている。

 8月の供給力が544万キロワットであるのに対し、最大電力は522万キロワットと見込んでいる。供給予備率は7月が13・7%、9月が4・9%とした。北電は志賀原発が停止している中、火力発電のトラブルなど不確定要素を考慮すると、厳しい需給状況になるとしている。

北國新聞社

最終更新:5/13(土) 1:19
北國新聞社