ここから本文です

元レアルFWが古巣優勝の“アシスト”を誓う「バルサからゴールを奪いたい」

5/13(土) 12:28配信

SOCCER KING

 14日に行われるリーガ・エスパニョーラ第37節で、ラス・パルマスはバルセロナと対戦する。この一戦を前に、ラス・パルマスのスペイン人FWヘセ・ロドリゲスが意気込みを語った。スペイン紙『マルカ』が12日付で伝えている。

 現在、バルセロナは勝ち点84で首位に立っているが、同勝ち点で並ぶ2位レアル・マドリードは1試合消化が少なく、バルセロナとしては取りこぼしは致命的な状況だ。一方、ラス・パルマスには2015-16シーズンまでレアル・マドリードでプレーしたヘセが在籍している。ヘセは今節を前に「僕は嘘をつかない。レアル・マドリードにリーガのタイトルを与えるために、バルセロナからゴールを奪いたいんだ」とコメント。自身のゴールで古巣の優勝を“アシスト”したいと考えている模様だ。

 さらに、同選手はバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールからなる“MSN”トリオについても言及している。「MSNは非常に良い選手たちだ。でも僕は他の選手たちの方が好みだね」と同選手は語り、その存在を特別に意識していない様子を見せた。

 かつて所属したクラブの宿敵と相対するヘセだが、宣言通りゴールを奪うことができるだろうか。

SOCCER KING

最終更新:5/13(土) 12:28
SOCCER KING