ここから本文です

バルサ、DFマチューとMFアルダが今夏に退団? 補強方針次第で放出へ

SOCCER KING 5/13(土) 17:39配信

 バルセロナが、フランス代表DFジェレミー・マチューとトルコ代表MFアルダ・トゥランの放出を検討しているようだ。12日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】U-20日本代表FW久保建英がルーレットで魅せる

 バルセロナは、チームを率いるルイス・エンリケ監督の今季限りでの退任が決定。その後任人事が決まっていないことから、ロベルト・フェルナンデスSD(スポーツ・ディレクター)ら上層部は今夏の補強方針を打ち出せずにいる。その方針次第では数名の放出が必要となってくるが、その候補としてマチューとアルダが考えられている模様だ。

 アルダは、今シーズンの公式戦で30試合出場13ゴールをマークしており、まずまずのシーズンを送っている。ただ、ブラジル代表FWネイマールのバックアッパーという立ち位置に甘んじており、選手自身も移籍を考えているという。一方、33歳のマチューは今シーズンの公式戦で16試合の出場にとどまっている。ケガによる離脱が多く、年齢的にも今夏に放出される可能性があるようだ。

 マチューは残りの契約年数が残り1年となっており、売り時としては今夏がまさにそのタイミングとなる。ただ、アルダに関しては契約が2020年まで残されており、獲得を狙うクラブからするとネックになってくるため、同紙は「マチューよりチームを探すのが難しいかもしれない」としている。

SOCCER KING

最終更新:5/13(土) 17:39

SOCCER KING