ここから本文です

レスター、岡崎が反撃弾もマフレズがPK“二度蹴り”で追いつけず…マンCは2連勝

SOCCER KING 5/13(土) 22:28配信

 プレミアリーグ第37節が13日に行われ、マンチェスター・Cと日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターが対戦した。

【動画】プレミアリーグ、4月のベストゴールを発表…ペドロの強烈ミドル弾が選出

 マンチェスター・Cはフェルナンジーニョが右サイドバックのポジションでスタメン。最前線にガブリエウ・ジェズスが入り、2列目にラヒーム・スターリング、ダビド・シルバ、レロイ・サネが並んだ。対するレスターは前節のワトフォード戦からスタメンを2名変更。左サイドバックにベン・チルウェル、中盤にアンディ・キングが起用された。岡崎はジェイミー・ヴァーディと2トップを組む。

 29分、サネがドリブルで左サイドを突破。折り返しをシルバが左足ダイレクトで合わせ、ホームのマンチェスター・Cが先制する。続く35分には再びサネがドリブルで仕掛けると、ヨアン・ベナルアンがエリア内でファールを犯してしまう。このPKをガブリエウ・ジェズスが落ち着いて決め、マンチェスター・Cが追加点を挙げる。

 2点のビハインドとなったレスターは42分、マーク・オルブライトンがクロスを上げると、岡崎が左足ダイレクトボレーを突き刺し、1点を返す。岡崎は今シーズンのリーグ戦3得点目となった。前半はマンチェスター・Cの1点リードで折り返す。

 後半に入り73分、レスターは岡崎に代えてイスラム・スリマニを投入。すると76分、リヤド・マフレズがエリア内でガエル・クリシーに倒され、レスターは同点のチャンスを得る。しかし、PKキッカーのマフレズが足を滑らせると、軸足の右足にボールが当たってコースが変わり入ったため、ノーゴールの判定となった。

 試合は2-1で終了。マンチェスター・Cが2連勝を達成した。

 次戦、マンチェスター・Cは16日にウェスト・ブロムウィッチと、レスターは18日にトッテナムと、それぞれホームで対戦する。

【スコア】
マンチェスター・C 2-1 レスター

【得点者】
1-0 29分 ダビド・シルバ(マンチェスター・C)
2-0 36分 ガブリエウ・ジェズス(PK)(マンチェスター・C)
2-1 42分 岡崎慎司(レスター)

SOCCER KING

最終更新:5/14(日) 10:44

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合