ここから本文です

米小売売上高:0.4%増に加速も予想下回る-コアは0.2%増に鈍化

5/12(金) 23:58配信

Bloomberg

米商務省が発表した4月の米小売売上高(季節調整済み)は前月比0.4%増と、前月の0.1%増(速報値0.2%減)から伸びが加速した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の0.6%増加には届かなかった。

国内総生産(GDP)の算出に使用される食品サービスや自動車ディーラー、建設資材、ガソリンスタンドを除くコア売上高は0.2%増加。前月は0.7%増だった。

遅延されていた税金還付がようやく家計に回り始め、今後数カ月間の消費を後押しする可能性がある。

項目別では主要13項目のうち9項目が増加した。自動車・同部品の売上高は0.7%増。自動車を除く売上高は2カ月連続で0.3%増加した。電気製品は1.3%増(前月2.2%増)。オンライン販売や飲食店、スポーツ用品、建設資材も良好だった。

統計の詳細は表をご覧下さい。

原題:Gain in U.S. Retail Sales Suggests Slowdown Was Temporary(抜粋)

Michelle Jamrisko

最終更新:5/12(金) 23:58
Bloomberg