ここから本文です

寿人復帰も名古屋惨敗…後藤ハットの大分に順位逆転許す

5/13(土) 15:57配信

ゲキサカ

[5.13 J2第13節 大分4-1名古屋 大銀ド]

 大分トリニータがホームで名古屋グランパスに4-1で快勝した。大分は今季2度目の連勝。勝ち点を23に伸ばし、同22で3位だった名古屋を順位で逆転した。名古屋は3戦勝ちなし。ここ1か月の6戦は1勝3分2敗と苦しい戦いが続いている。

 名古屋はFW佐藤寿人が右ハムストリングス筋損傷から7試合ぶりに復帰。FW押谷祐樹と2トップで先発メンバーに名を連ねた。しかし名古屋は前半からなかなかチャンスを作ることが出来ない。前半19分に押谷とのワンツーで玉田がチームファーストシュートを放つが、GK上福元直人の正面を突いた。

 するとここから大分が思うように得点を重ねる展開になる。前半21分、エリア内に入って打ったFW後藤優介のシュートはGK楢崎正剛に阻まれたが、こぼれ球をFW小手川宏基が流し込み先制。1点リードで折り返した後半8分にはFW伊佐耕平がDF酒井隆介にエリア内で倒されてPKを獲得。これを後藤が豪快に蹴り込み、リードを広げる。

 止まらない大分は後半12分、名古屋のミスからボールを奪うと、後藤が完全にスルーパスに抜け出す。勢いのまま楢崎をかわしてゴールネットを揺らす。同36分に名古屋の途中出場FWシモビッチにゴールを許し1点を返されたが、同40分には前がかりとなった名古屋のDFの裏に3人が抜け出すビッグチャンス。ボールを持っていた後藤が豪快に蹴り込み、ハットトリックでとどめを刺した。後藤は前節も2ゴールを記録。2試合5得点で通算8得点と一気に得点ランキング上位に浮上してきた。

最終更新:5/13(土) 20:28
ゲキサカ