ここから本文です

首位・横浜FCと水戸は両者譲らずスコアレスドロー…互いに負けなし継続もネット揺らせず

ゲキサカ 5/13(土) 16:01配信

[5.13 J2第13節 水戸0-0横浜FC Ksスタ]

 J2リーグは13日、第13節を各地で行った。ケーズデンキスタジアム水戸では水戸ホーリーホックと横浜FCが対戦し、0-0で引き分けに終わった。

 4試合負けなし(3勝1分)で首位を走る横浜FCは、今季ここまで8得点を挙げているFWイバを中心に水戸ゴールに迫る。前半9分、右サイドからプロデビュー戦となったDF新井純平が上げたクロスは相手に当たってゴール前上空に舞い上がり、イバが左足ボレー。利き足で放ったシュートはわずかにゴール左に外れ、早々の先制点とはならなかった。

 5試合負けなし(2勝3分)と調子を上げてきている13位水戸は、スピードスターFW前田大然を中心に攻撃だけでなく、アグレッシブな守備を仕掛けていく。前半31分、左サイドからMF船谷圭祐が上げたクロスをニアに走り込んだ前田がヘディングシュート。DFカルフィン・ヨン・ア・ピンに寄せられながらも枠内に飛ばしたが、GK高丘陽平のファインセーブに阻まれる。直後の32分には、雨で水を含むピッチを考えてMF佐藤祥が低い弾道のミドルシュートを放ったが、GK高丘に冷静に対応された。

 スコアレスで折り返した後半も均衡した状況が続く。水戸は後半12分にMF内田航平、23分にMF白井永地と積極的に交代カードを使う。横浜FCも24分にFW大久保哲哉を入れ、前線のターゲットを増やした。27分、水戸は前田がハーフェーライン付近でボールを奪ってドリブルで抜け出し、ゴールに迫るもカバーに戻ったヨン・ア・ピンに決定機を阻止された。

 横浜FCは後半37分にFW津田知宏を入れる。40分には、MF佐藤謙介がドリブルから相手のマークが甘いとみるや、右足で思い切りよくミドルシュートを放つ。GK笠原昂史が弾いたボールに大久保が詰めたが、わずかに反応が遅れ、相手DFにクリアされた。試合はこのままスコアレスに終わり、両者譲らずドローに終わった。

最終更新:5/13(土) 16:01

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合