ここから本文です

松本は3戦勝ちなし…MF工藤のスーパーゴールで先制も町田に追いつかれる

ゲキサカ 5/13(土) 16:06配信

[5.13 J2第13節 松本1-1町田 松本]

 J2リーグは13日、第13節を行い、9位松本山雅FCはホームで12位FC町田ゼルビアと対戦し、1-1で引き分けた。松本は3試合勝利から遠ざかっている(1分2敗)。

 序盤から一進一退の攻防が展開された。前半6分、松本は自陣からのフィードに抜け出したMF工藤浩平がPA内に進入。巧みなトラップで相手2人を置き去りにすると、角度のない位置から左足シュートを放ったが、GK高原寿康がファインセーブ。町田も8分、右CKの流れからクリアボールを拾ったDF松本怜大がPA手前から右足ミドル。これは相手にブロックされ、PA内左のMF大谷尚輝がこぼれ球を右足で狙ったが、GK村山智彦のセーブに阻まれた。

 前半10分、松本は右サイド深い位置で工藤、DF田中隼磨とつなぐと、プロ初先発となった大卒ルーキーFW岡佳樹がニアサイドでスルーし、飛び込んだMF岩間雄大が左足シュートを放ったが、ゴール左に外れた。町田も押し返し、18分、左CKの流れからクリアボールを拾ったDF深津康太が右足ロングシュートを狙ったが、クロスバーを越えた。

 松本は攻撃のリズムをつかむと、前半30分、工藤が右後方からクロスを入れ、FW高崎寛之がヘディングシュート。33分には田中が右サイドの深い位置からクロスを入れ、ニアサイドの工藤がダイビングヘッド。いずれも枠をとらえられなかったが、松本の猛攻が実り、スーパーゴールで均衡を破る。

 前半40分、相手のクリアミスを拾ったMF宮阪政樹が縦パスを入れ、工藤が左サイドのMF石原崇兆に展開。石原が中央に折り返すと、PA内に走り込んだ工藤が滑り込みながら右足シュートを叩き込み、先制のゴールネットを揺らした。

 0-1で前半を折り返すと、町田は後半立ち上がりから反撃に出る。後半7分、右サイドのFW吉田眞紀人からパスを受けたMF森村昂太がカットイン。シュートコースをつくってペナルティアーク内から左足を振り抜くと、強烈なミドルシュートでニアを破り、試合を振り出しに戻した。

 その後は互いに決め手を欠き、膠着状態が続く。後半アディショナルタイムに町田が最後の猛攻をかけると、カウンターからFW中島裕希がドリブルで持ち上がり、PA内に進入。鋭い切り返しから右足シュートを放ったが、相手のブロックに阻まれ、1-1のまま試合終了のホイッスル。町田は2試合連続のドローで3試合負けなし(1勝2分)とした。

最終更新:5/14(日) 4:02

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合