ここから本文です

的場文男6999勝「あと1つ」大台達成最短17日

日刊スポーツ 5/13(土) 9:14配信

 的場文男騎手(60)が地方通算7000勝に王手をかけた。大井開催5日目の12日、10Rをモンサンデューンで勝ち、地方通算6999勝目を挙げた。

【写真】左第5中手骨骨折のけがから復帰後、初勝利を挙げた的場文男騎手

 1番人気に騎乗した10Rは期待に応えてきっちり決めた。「あと1つ。感じ良くはきてるけどね」と笑顔で振り返った。続く11Rは4番人気のワタリセイユウに騎乗し、首差2着の惜敗。好位追走から4角先頭の競馬で、直線は大歓声が湧き起こった。しかし逃げ馬に差し返され、偉業達成はお預けとなった。それでも「勝ったと思ったけどね。しょうがない、勝負の世界だから。いろいろドラマがあります」と悲観していない。大台へマジック2で迎えたこの日は7鞍に騎乗して1勝。地元での達成はならなかったが、着実に白星を積み重ねた。

 10日に騎乗停止処分を受けているため、次週川崎開催の15、16日の2日間は騎乗できない。大台達成は早くても17日以降となる。【渡辺嘉朗】

最終更新:5/13(土) 10:00

日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ