ここから本文です

土田和歌子、谷真海が優勝 パラトライアスロン

日刊スポーツ 5/13(土) 12:00配信

<世界パラトライアスロンシリーズ横浜大会>◇12日◇横浜・山下公園周辺特設コース◇スイム0・75キロ、バイク20キロ、ラン5キロ

 車いすマラソンの第一人者、土田和歌子(42=八千代工業)が初挑戦の世界シリーズで優勝を果たした。

 4月に行われたアジア選手権で優勝した土田は課題のスイムで出遅れたものの、バイク(ハンドサイクル)とラン(車いすレーサー)でPTHC(車いす)女子出場5人中最高タイムをマーク。1時間15分11秒の1位でゴールした。

 PTS4(下肢障がい)女子に出場した谷真海(35=サントリー)は、1時間18分11秒で出場3選手中1位。リオデジャネイロパラリンピック6位の秦由加子(36=マーズフラッグ・稲毛インター)は6選手が出場したPTS2(下肢障がい)女子で4位だった。

最終更新:5/13(土) 15:50

日刊スポーツ