ここから本文です

独VW和解案、米判事が承認へ-排気量3リッター車の排ガス不正で

5/12(金) 12:59配信

Bloomberg

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)がディーゼル車の排ガス不正問題をめぐり、「アウディ」「VW」「ポルシェ」など約7万8000台の所有者や当局と合意した12億2500万ドル(約1390億円)の和解案について、米連邦地裁判事が最終承認を与える意向を示した。

この和解を含めVWは、北米で245億ドル以上を投じ、排ガス検査をごまかすためのアルゴリズムが意図的に搭載された車両約56万台の買い戻し・修理と訴訟の解決に取り組んでいる。サンフランシスコ連邦地裁のチャールズ・ブライヤー判事の承認を求めて11日提出された和解合意書には、独自動車部品メーカーのロバート・ボッシュの訴訟決着のための3億2750万ドルの支払いも含まれている。

合意はVWに排気量3リッターエンジン搭載のディーゼル車所有者への補償のほか、5万8000台の修理と「トゥアレグ」やアウディ「Q7」最大2万台の買い戻しを義務付けるもの。VWは米国での消費者や当局による訴訟の大半が解決間近となっているものの、ドイツや英国などでは依然として刑事捜査や株主訴訟に直面している。

ブライヤー判事は11日の審理で、3リッター車をめぐる訴訟の和解を最終決定する命令書を17日までに発行する方針を明らかにした。

VW側のロバート・ジュフラ弁護士は同判事に対し、今回の和解合意は「重要な節目」だと指摘。「同社は米国内で対象となる全ディーゼル車について決着したことになる」と述べた。

原題:VW Judge Says He’ll Approve 3-Liter Diesel Cheating Accord (1)(抜粋)

Kartikay Mehrotra

最終更新:5/12(金) 12:59
Bloomberg