ここから本文です

<性的少数者>支援団体が街頭啓発活動「浸透すれば」 札幌

毎日新聞 5/14(日) 0:26配信

 17日の「同性愛嫌悪とトランス嫌悪に反対する国際デー(IDAHO)」を前に、LGBTなど性的少数者の支援団体「コミュニティーセンター・にじいろほっかいどう」は13日、札幌市中央区大通西3で、街頭啓発活動をした。

 IDAHOは、世界保健機関(WHO)が1990年5月17日に精神疾患リストから同性愛を削除した日を多様な性を受け入れる日として、欧米を中心に活動が広がった。

 街頭活動にはメンバーら20人以上が集まり、LGBTについて説明したチラシなどを配布。バスから活動を見て手を振る人がいたり、女子高生たちが当事者に声をかけ一緒に記念撮影したりした。支援団体代表の柳谷由美さん(31)は「一般の人から話しかけてくれ、活動の内容を聞いてくれる人もいた。少しずつ浸透すれば」と話した。【日下部元美】

最終更新:5/14(日) 0:37

毎日新聞