ここから本文です

季節外れの「雪」が見ごろ 愛知・犬山のヒトツバタゴ

朝日新聞デジタル 5/14(日) 0:04配信

 愛知県犬山市池野地区にある国天然記念物のヒトツバタゴ自生地で、白い花が見頃を迎えた。木に雪が積もったように見え、多くの見物客が訪れている。

【写真】見頃を迎えた国天然記念物のヒトツバタゴ=12日午後、愛知県犬山市、戸村登撮影

 別名「ナンジャモンジャ」。集団で自生するのは珍しく、同地区では高さ約15メートルのものや樹齢数百年の老木など7本が群生している。

 市によると、気温が低かったため、開花は例年より少し遅め。20日ごろまで楽しめるという。

朝日新聞社

最終更新:5/14(日) 0:04

朝日新聞デジタル