ここから本文です

溝端淳平&山田裕貴「宇宙のヒーローに転身したら?」で意外な解答

cinemacafe.net 5/14(日) 12:15配信

タツノコプロ55周年を記念し、同名アニメを実写映画化した『破裏拳ポリマー』の初日舞台挨拶が5月13日(土)、都内で行われ、主演の溝端淳平をはじめ、共演する山田裕貴、原幹恵、柳ゆり菜、長谷川初範、神保悟志、メガホンをとった坂本浩一監督が登壇した。

【画像】舞台挨拶に登場した溝端淳平

警視庁と防衛省は極秘裏に提携し、絶大な攻撃力・機動力を持つ特殊装甲スーツ「ポリマースーツ」をめぐり攻防を描くヒーロー大作。本格的なアクションに初挑戦した溝端さんは、「監督やスタッフ、共演者の皆さんに支えていただき、無事に初日を迎えることができ、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。僕らの熱意と魂を込めた作品で、それはご覧にいただければ伝わるはず」と新境地に誇らしげだった。

劇中では“破裏拳“を操る主人公・鎧武士=破裏拳ポリマーを演じ、鍛え抜かれた肉体も披露している溝端さん。この日、劇場には世代を超えて、幅広いファンが来場し「きっと、どの世代の方々にも、楽しんでいただける。興奮はもちろん、笑いや涙といったエンターテインメントの要素が詰まった作品」とアピールにも熱がこもった。

そんな本作のキーワードである“転身”にちなみ、「宇宙のヒーローに転身。どんな敵と戦いたい?」とお題を出された溝端さんは、「(うる星やつらの)ラムちゃんと戦いたい。どうせ倒されるなら、かわいい子の方が幸せかなと思います」と思わず妄想?

主人公をサポートする新米刑事役の山田さんは、「いま、宇宙のアライグマが暴れているので、アイツを倒しておけば、この映画が1位になれるはず」と同時期公開の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』にライバル心を燃やしていた。

『破裏拳ポリマー』は全国にて公開中。

最終更新:5/14(日) 12:15

cinemacafe.net