ここから本文です

「テラハ」の年の差カップルがガチ恋愛して卒業!予想外だった本物の恋のすべてを語る

5/14(日) 7:12配信

シネマトゥデイ

 リアリティーバラエティ番組「テラスハウス」の最新シリーズ「TERRACE HOUSE ALOHA STATE」で先日卒業したエビアン・クーと澁澤侑哉がハワイにて取材に応じ、テラスハウスでの生活を振り返った。「テラスハウス」は、シェアハウスに同居する男女6人の生活を記録した番組。2012年から2014年までフジテレビ系列で放送され、2015年に劇場版『テラスハウス クロージング・ドア』が公開。同年より舞台を湘南から東京に移した新たなシリーズ「TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY」がNetflixなどで配信された。(取材・文・森田真帆)

【写真】「テラスハウス」ハワイ編のメンバー

■予想外の恋

 初の海外となるハワイを舞台にしたハワイ編のオリジナルメンバーとして参加した二人は番組の中で恋に落ち、今ではすっかりラブラブ! そんな二人に「恋の予感はあった?」と聞いてみると、「全然!」と同時に首を振る。「そもそも侑哉に初めて会ったときは、18歳って聞いてとにかく若い! としか思えなかった。ほかのメンバーもみんなすごく若くて、私だけが26歳だったから本当にどうしようって。恋に落ちるなんてみじんも考えていませんでした」というエビアン。一方の澁澤は「最初は絶対に誰とも恋愛なんてしないと思ったし、エビアンとデートに行ったときも、こんなに好きになるとは思ってなかった」と話す。

 最初はプレイボーイのような印象だった澁澤だったが、彼をそこまで本気にさせた年上エビアンの魅力を聞くと、「つれないところ!」と即答。「すごい仲良くなって、デートに誘うじゃないですか。そしたら、ドタキャンするんですよ。4回くらいドタキャンされて、めっちゃムカついて。でもその時に、なんでオレはこんなにムカついているんだ? って思って、ああ、それだけ楽しみにしていたんだ」と感じたのだそう。この二人の愛は本物のようだ。

■突然人々から注目される生活

 日本のファンからのリアクションはどうだったのだろう? 澁澤もエビアンも、テラスハウスに出演してから、自分たちのインスタグラムのフォロワー数の増加にとにかく驚いたそう。澁澤は「本当に、突然インスタグラムのコメントがワーッて増えて、その中で批判される度に落ち込んでいました。街中でも、ほかの出演者とは写真撮るのにオレとは撮らないとか、そういうことがあるたびに凹んでいたんです。でも最近はみんな声をかけてきてくれてうれしい」と周囲の変化について明かした。

1/2ページ

最終更新:5/14(日) 7:12
シネマトゥデイ