ここから本文です

高いプレミアム性は日本のサプライヤーのおかげ…トライアンフCEO談

5/14(日) 7:00配信

レスポンス

トライアンフモーターサイクルズジャパンのフラッグシップストア『トライアンフ東京』(東京都武蔵野市吉祥寺南町)のグランドオープニングセレモニーが5月11日におこなわれ、トライアンフ英国本社よりニック・ブロアー代表取締役が来場した。

[関連写真]

記者会見でニック・ブロアー氏は「(現存する)もっとも旧いモーターサイクルブランド」と、1902年設立の伝統あるブランドであることに加え、1983年に父であるジョン・ブロアー氏がトライアンフの商標権を購入した歴史をまず説明。

現況については「アジアを含むすべての大陸で販売網を展開しており、700を超える店舗を展開。工場は英国に2つ、タイに2つ、そしてブラジルとインドにそれぞれノックダウン工場を持っていますが、なかでもタイの工場がもっとも大きく、設備も最新のものを有しています」と述べた。

ニック・ブロアー氏はさらに、こう続ける。

「我々のブランドは高い品質と信頼性を持ったもの、つまり最高のプレミアムバリューを持ったものを提供します。たとえばランドローバーで見ていただけるように自身の歴史を大切にしつつ設計をし、すべての面におきましてクラフトマンシップを持ち、フィニッシュに至るまでの追求をしております。ニューモデルでは最新、最善の技術を採り入れる努力をしているのです」

「日本に訪れる度に感じるのは、我々イギリスと日本の文化において共通点がとても多いということです。人々は高い品質、クラフトマンシップそしてテクノロジーを愛しています」

「我々の製品に高いプレミアム性を加えることができるのは、ビジネスパートナーとなっている日本のサプライヤーのおかげだと思っています。我々の製品の多くの技術が、日本のサプライヤーの皆さまから来ているということです」

ニック・ブロアー氏がここで言う日本のサプライヤーとは、『DENSO』『NISSIN』『KEIHIN』『SHOWA』『KYB』『MITSUBA』『MUSASHI』といったところだ。好調なセールスを続けるトライアンフだが、その影にパートナーシップを結ぶ日本のパーツメーカーの後押しがあることを、トライアンフCEOは日本のメディア陣の前で語ることを決して欠かさなかった。

《レスポンス 青木タカオ》

最終更新:5/14(日) 7:00
レスポンス