ここから本文です

千葉、富樫が8得点7アシスト奮闘も初戦落とす/Bリーグ

サンケイスポーツ 5/14(日) 7:00配信

 Bリーグ・チャンピオンシップ準々決勝第1戦(13日、宇都宮体育館)初代王者を懸けて開幕。PG田臥勇太(36)率いる東地区1位の栃木は、同3位でワイルドカードの千葉に80-73で逃げ切った。

 千葉は、得意の攻撃パターンであるアウトサイドからの3点シュートを封じ込まれ、初戦を落とした。前半はリバウンドの本数でも栃木を10本以上下回り、優位に攻撃を組み立てられなかった。前日、東北新幹線の車内で熟睡し、降車予定の宇都宮駅を通過して郡山駅まで行ってしまった司令塔の富樫は、8得点7アシストと奮闘。「(栃木は)点数を取らせたくない選手に徹底してディフェンスしてきた。(2試合目は)インサイドを起点に攻められたら」と奮起を誓った。

最終更新:5/14(日) 10:38

サンケイスポーツ