ここから本文です

犯人に仕立てられる危うさ 「共謀罪」に冤罪事件元被告

朝日新聞デジタル 5/14(日) 5:09配信

 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織的犯罪処罰法改正案は、犯罪を実行前の計画段階で処罰するため、物証が少なく自白重視の捜査になる、との指摘がある。2003年の鹿児島県議選をめぐる冤罪(えんざい)事件「志布志事件」で無罪となった元被告たちは、取り調べで虚偽自白を迫られた自らの体験から「強引な捜査が行われるのでは」と危惧する。

【写真】「警察は物語を作る。恐ろしさが身にしみた」と話す藤山忠さん、成美さん夫妻。2人とも金をもらったという全く身に覚えのない容疑で逮捕、起訴されたが、無罪を勝ち取った=鹿児島県志布志市、大久保真紀撮影

 「『共謀罪』ができたら、いま以上に怖い社会になる」

 鹿児島県志布志市の酒造会社社長、中山信一さん(71)は14年前、県議に初当選した直後に逮捕、起訴された。会合を開いて有権者に現金を配った公職選挙法違反(買収)の疑い。裁判でアリバイが認められ、判決は、会合自体が存在しない「架空の事件」だったことを示唆。起訴された12人全員の無罪が確定した。

 「共謀罪」の国会審議で政府は「一般人は対象外」「裁判所による令状審査が機能しており、恣意(しい)的な運用はできない」などと答弁している。ただ、一般人かどうか、嫌疑の有無などの判断をするのは捜査当局だ。中山さんは「一度決めれば、あらゆる手段を使って、描いた筋書き通りに『犯人』を仕立てる危険がある」と感じる。

朝日新聞社

最終更新:5/14(日) 5:09

朝日新聞デジタル