ここから本文です

フェルスタッペン「著しい進歩だ」

5/14(日) 7:20配信

TopNews

レッドブルのマックス・フェルスタッペンが、バルセロナ-カタルーニャ・サーキットで行われた2017年F1第5戦スペインGP2日目を終えて次のようにコメントした。

■マックス・フェルスタッペン
フリー3/5番手 1:21.025
予選/5番手 1:19.706
「しっかりと流れに乗った、すごく良い予選だった。トラブルはゼロ。順位を決めたラップもバッチリだったね。マシンは今シーズン最高の出来。今日はバランスも申し分無かった。ポールポジションから10分の6秒差なんて、良くここまでやれたものだ。ソチ(第4戦ロシアGP)では1秒半もの差をつけられていただけに、チームとしても大満足に違いない。彼らはマシンにアップデートを施そうと必死にがんばった。足をチームに向けて寝られないよ」

「新パッケージはどんな効果を示すか、今週はその学習に明け暮れた。セットアップが決まってからというもの、僕は安心して運転に専念できた。おかげで人馬一体となり、良い予選を戦えた。これは著しい進歩だよ。これで今シーズンを戦う上で良い土台が出来上がった。今までと同様、さらにトップとの差を詰めるべくプッシュを続ける」

「バルセロナは、いつ来ても良いね。今までに何周走ったことか。でも、嫌な思い出なんて一つも無い。このサーキットは、決勝で何が起こるか分からない。昨年のレース(メルセデスAMGの2台がオープニングラップで相打ち)が良い例さ。ロングランのペースも上々だ。結果は見てのお楽しみだね」

最終更新:5/14(日) 7:20
TopNews