ここから本文です

小田原の「桑原ベース」本格稼働へ 創作・販売・発信の拠点目指す /神奈川

みんなの経済新聞ネットワーク 5/14(日) 23:25配信

 村山工務店(小田原市桑原)1階のスペースを使って、創作・販売・発信などの拠点基地「KUWAHARA BASE(桑原ベース)」で4月29日・30日、内覧会を兼ねたイベントが行われ、本格的稼働が始まった。(小田原箱根経済新聞)

桑原ベースの告知のぼり

 建築作業場として使われてきたスペースの有効活用を模索する中から誕生した「KUWAHARA BASE(桑原ベース)」。湘南・西湘地域で話題となる店舗が出店し、多くの来場者でにぎわいを見せた。来場者からも、出店者からも「楽しかった。次回開催の予定は?」「こんな場所が欲しかった」などの声が上がった。

 同社社長の村山和功さんは「前日はとても心配だった。この場所が期待に応えられる空間なのかどうか、地域で必要とされているのか。自問自答していた。開催の当日も、出店者が来て頂けるのか。来場者があるのか。開催時間直前までドキドキしていた」と話す。

 次々に集結する出店者の車両と、開催時間と同時に現れた人々を見て「はじめてよかった」と胸をおろしたと村山さん。2日間にわたり会場は賑わいを見せ、予定を上回る来場者があったという。

 村山さんを支援し、自らも出店したジーンズを車で販売している「Denimman(デニムマン)」の新倉健一郎さんは「たくさんのお客さんに来場して頂き、盛会のうちに無事終了した。次へのステップになる」と話し、新規の企画をスタートしたという。

 村山さんは「1歩を歩み始めて良かった。実際に開催してみると先が見えてきた。地域のためにも役立つ空間になるようにしていきたい」と抱負を話す。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:5/14(日) 23:25

みんなの経済新聞ネットワーク