ここから本文です

ささき、3位で2度目Vトラえた!阪神・掛布2軍監督の激励電話に燃えた/国内女子

サンケイスポーツ 5/14(日) 7:00配信

 ほけんの窓口レディース第2日(13日、福岡・福岡CC和白C=6308ヤード、パー72)前日にサスペンデッドとなった第1ラウンド(R)の残りと第2Rが行われ、第1Rの暫定首位から出たささきしょうこ(20)=日本触媒=が第2Rを4バーディー、3ボギーの71で回り通算3アンダーで首位に4打差の3位につけた。阪神・掛布雅之2軍監督(62)からの激励電話に発奮し、ツアー2勝目を狙う。鈴木愛(23)=セールスフォース=が通算7アンダーで首位。アン・シネ(26)=韓国=は101位で予選落ちとなった。

 約10時間、合計25ホールを消化した長い長い一日の終わり。首位と4打差のV射程圏内につけたささきが笑顔をみせた。

 「3時半に起きて、長い一日でした。最後はコントロールショットが乱れましたが、最初に伸ばせたのでよかったです」

 前日12日は12番のグリーン上でサスペンデッド。第1ラウンド(R)は70で回り首位に並び、続く第2Rの1番(パー5)で2・5メートルを沈めてバーディー。その後も寄せて入れての4バーディー(3ボギー)。疲れの中でも粘りきった。

 昨年7月の「大東建託・いい部屋ネットレディス」で初優勝したが、その後は優勝争いすらできずに苦しんだ。ショットが不安定で曲がってしまうことが続いた。現在は、余裕を持ってフォロースルーを大きくすることで復調してきた。

 前週の「ワールドレディス サロンパス杯」で8位に入ると、8日の月曜日に意外な人から電話があった。

 「こちらから報告していなかったのに『8位おめでとう!』って。すごくうれしかった」

 契約メーカーの縁で親交があるプロ野球の阪神・掛布2軍監督だった。「ずっと使っている」とお気に入りのマーカーにも、掛布2軍監督の背番号「31」が入っている。

 虎将が育てた若虎の活躍で、阪神はセ・リーグ首位。ささきもあやかって、4打差をひっくり返す。

最終更新:5/14(日) 10:23

サンケイスポーツ