ここから本文です

巨人、今季ワースト11失点で惨敗 マイコラスぶち壊しに由伸監督ぶ然

5/14(日) 6:03配信

デイリースポーツ

 「広島11-2巨人」(13日、マツダスタジアム)

 またも赤ヘル軍団に屈した。12日の雨天中止からスライドで先発したマイコラスの乱調などで、巨人は今季ワーストタイ11失点の惨敗。今季チームの115失点中、48点を広島戦で失い、高橋監督は「どうにか止めないと?そりゃそう。点を取られたら勝てないんだから」と語気を強めた。

【写真】マイコラス美人妻、ラウンドガールに!

 いきなり初回につまずいた。マイコラスが1死一、二塁で鈴木に中前適時打を許し、先制点を献上。2死満塁では松山に内角への逆球を中前にはじき返され、さらに2点を追加された。結局6回5失点。3点差の八回には、篠原、中川が四球も絡んで計6失点。9点差をつけられ、勝機も一気にしぼんだ。

 マイコラスは「(球を)高めに浮かせてしまった」と反省し、指揮官は「後からいった投手も四球を出してるようじゃね」と苦言を呈した。打線も2得点に終わったが、それ以上に投壊が目立った一戦。3年ぶりのVへ、広島攻略の課題をいち早くクリアしなければならない。