ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】フェルナンド・アロンソ「7番グリッドはギフトだ。クルマには100%自信がある」

TopNews 5/14(日) 17:19配信

スペインでホームレースを迎えているフェルナンド・アロンソは、今シーズン初めて予選Q3へ進出し、7番グリッドは「ギフト(贈り物)」だと語った。

●【予選タイム結果・画像】2017年F1第5戦スペインGP予選、Q1-Q2-Q3タイム、周回数

アロンソは、FP1で大きなオイル漏れなど難しい週末のスタートを切った後、FP2ではわずか21周を走行したのみに留まっていたが、メルセデス、フェラーリ、レッドブルの3強以外の「残りのチームの中で最高」の結果で予選を終え、ホンダパワーのマシンに「100%自信を持っている」と感じていたという。

昨年のハンガリーGP以来、予選で良い結果を出せていなかったアロンソは、「今日はすべてが完璧だった」と語った。

「Q3に進出して7番手を獲得できたことは良い驚きだ。昨日、僕たちはその可能性を見ていたが、僕たちはFP1の失敗とFP2の非常に短い走行という奇妙なセッションを過ごした。しかし今日、僕たちはすべてをまとめ、僕はクルマに自信を持っていたよ」

「コンディションは非常に厄介で、かなり風が強かったけど、僕のクルマは常に100%プッシュできるという自信を与えてくれていたんだ」

またアロンソは、マクラーレン・ホンダが難しいシーズンをスタートした後、次のように語ってくれた。「チームがとてもよく働いているから、チームにとってもうれしいよ」

「彼らは、最初の数レースですごく多くのパワー・ユニットを交換していたけど、明日、7番グリッドにいることで、僕たちはトップ争いのために戦うべきだと考えているよ。全員にとって素晴らしいことだと思う」

ホームグランプリのファンの前でドライブしたことでファンから力をもらえたかどうかと質問したところ、アロンソは次のように答えた。
「ここではいつも感じるよ。さらなるモチベーションが、クルマの詳細、風向き、タイヤの細部などに気がつくことができるから、常に僕にとって良いグランプリになるんだ」

「だけど、レースは明日だ。土曜日(予選)にはポイントは与えられないから、僕たちは明日良いスタートを切って、良い戦略を実行し、何ポイントかを取る必要があるよ」

アロンソは、まだ今シーズンのレースで完走することができていない。最初の3レースはリタイア、第4戦ロシアGPでは直前のトラブルによりレースをスタートすることすらできなかった。

最終更新:5/14(日) 17:19

TopNews