ここから本文です

オリックス6連敗で4位転落 主力の相次ぐ離脱に福良監督「我慢」

5/14(日) 17:08配信

東スポWeb

 オリックスは14日の西武戦(京セラ)に1―6で敗れ、6連敗を喫し4位に転落した。

 ドラフト1位右腕・山岡泰輔投手(21)は6回4失点で3敗目。またも白星には手が届かず「立ち上がり、ボール球が多くなり、苦しいピッチングになってしまった。何とか先制点は防ぎたかった」と悔やんだ。

 チームはまさに緊急事態だ。この日、内野の要・遊撃の安達が体調不良を理由に登録抹消。前日(13日)には不振の西が登録を外れ、さらにコークも故障離脱が決まり、先発2枚が一気に消えた。

 開幕から好調だったオリックスだが、主力の相次ぐ故障もあり、ついに借金生活。16日からは好調のソフトバンクとの3連戦を迎えるだけに大型連敗の危機だ。福良監督は苦しい台所事情に「なんとかやりくりして我慢するだけ」と前を向いたが、不安いっぱいだ。

最終更新:5/14(日) 17:08
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 14:45