ここから本文です

首相「断じて容認できない」 北朝鮮の弾道ミサイル発射

朝日新聞デジタル 5/14(日) 7:16配信

 安倍晋三首相は14日午前6時30分過ぎ、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、首相官邸で記者団に「断じて容認できない。強く抗議する。この度重なる北朝鮮のミサイル発射は我が国に対する重大な脅威であり、国連の安保理決議に明確に違反する」と述べた。また、「さらなる挑発も考えられ、米国や韓国とも連携しながら高度の警戒態勢を維持し、国民の安全確保に万全を期す。北朝鮮に対して毅然(きぜん)として対応する」と強調した。

【写真】北朝鮮のミサイル発射を受け、官邸で報道陣の取材に応じる安倍晋三首相=14日午前6時42分、首相官邸、関田航撮影

 政府は、国家安全保障会議(NSC)を開き、情報分析を行い、今後の対応を協議する。

朝日新聞社

最終更新:5/14(日) 7:23

朝日新聞デジタル