ここから本文です

文化・スポーツの拠点開所 JR東静岡駅北口

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/14(日) 8:05配信

 静岡市がJR東静岡駅北口の市有地に整備した「東静岡アート&スポーツ/ヒロバ」が13日、開所した。目玉施設のローラースポーツパークでは、2020年東京五輪から正式種目となるスケートボードを楽しむ人でにぎわった。

 日本スケートボード協会が監修した国内最大級の施設。全天候型の室内パークには、競技に用いる複数の段差やジャンプ台、「ランプ」と呼ばれる湾曲した構造物がある。開所を待ちわびた若者らが集い、スケートボードを操って跳び技や回転技に挑戦した。こけら落としとなる競技会も行われ、小学生20人、一般40人が出場した。

 同ヒロバは約2・4ヘクタール。芸術文化の催しに利用できる駐車場兼イベントスペースや芝生広場も備えている。市や市文化振興財団などでつくる実行委が運営主体となり、H.L.N.A(東京)に業務委託する。開所セレモニーでは、田辺信宏市長が「文化、スポーツの拠点としてにぎわいを創出していく」と言葉に力を込めた。

 ローラースポーツパークの営業時間は午前11時~午後9時。一般500円など。BMXやインラインスケート、一輪車も利用できる。問い合わせは同ヒロバ<電054(294)7100>へ。



 

静岡新聞社

最終更新:5/14(日) 8:05

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS