ここから本文です

鈴木愛がイ・ミニョンの猛追振り切りV 賞金で「母にいいものを」

5/14(日) 17:08配信

東スポWeb

 女子ゴルフツアー「ほけんの窓口レディース」最終日(14日、福岡CC和白C=パー72)、鈴木愛(23=セールスフォース)が、イ・ミニョン(25=韓国)の猛追を振り切って優勝した。

 7アンダー首位でスタートし、4番でバーディー。後続を突き放すかに思われたが、7番、8番と立て続けにボギー。しかし、ハーフラウンドになると立て直しに成功。12番、14番、16番でバーディーを取り、独走態勢へ。17番でダブルボギーを叩き、冷やりとさせたが逃げ切った。ミニョンはこの日だけで6つのバーディーを重ねたが、2ボギーが響き届かなかった。

 同大会で日本人が優勝するのは初めて。鈴木にとっても今季初優勝で「(優勝なら日本人初と)試合前から聞いていて、とてもうれしい」と破顔一笑。「思った以上に風が強く、後半はいいショットをしても思ったより距離がつかないことがあった。我慢してプレーしました」と忍耐強さが勝利につながった。

 母の日ということで母親の美江さん(46)にささげる1勝となった。「母の日を忘れていて、さっき気がつきました。自分のバースデーウイークでもあり、今までで一番いい母の日になりました。賞金も頂いたので母に欲しいものを聞いて、いいものを買ってあげたい」

 この優勝により賞金獲得ランキングでキム・ハヌル(28=韓国)の5956万6000円に次ぐ4314万2000円の2位に駆け上った。優勝が最高のプレゼントになる。

最終更新:5/14(日) 17:08
東スポWeb