ここから本文です

実写版「ここさけ」中島健人、芳根京子から直視されて戸惑う

5/14(日) 12:12配信

シネマトゥデイ

 4月9日、秩父近郊のとあるお寺で行われた実写映画『心が叫びたがってるんだ。』(7月22日公開)の撮影中、Sexy Zone の中島健人、芳根京子、石井杏奈、寛一郎のメインキャストが取材に応じ、映画ではこれが初共演となる4人がお互いの意外な一面を明かした。

【写真】中島健人主演・実写版「ここさけ」秩父ロケ

 2015年に11億円を超える大ヒットを記録し、通称“ここさけ”として人気を博すアニメーション映画を実写化する本作で、中島はコミュニケーションが苦手な拓実、芳根は幼少期のトラウマから話せなくなった順、石井は心ないひと言で拓実を傷つけたことを後悔し続ける菜月、寛一郎は肘を故障し心を閉ざす野球部のピッチャー・大樹を演じる。この日は、4人が祭りの日にお寺の階段を上って境内に向かうシーン、そして物語のカギを握る「玉子」(色とりどりの和紙が貼られている)の販売所の前で拓実が放った何気ない言葉に順が動揺するシーンが撮影された。

 撮影の合間には歓談するなどすっかり打ち解けた4人の姿が見られたが、そうなるまでには段階を踏んだようだ。石井いわく、「クランクインの1か月ぐらい前にミュージカルリハーサルがあったんです。そこで京子ちゃん以外の3人と、生徒役の子たちみんなで顔を合わせました。かんちゃん(寛一郎)は、髪が長くて今と別人でした(笑)。最初は全然話せなかったんですが、今はすごく話しやすい存在になりました。(中島)健人くんは、ジェントルマン(笑)」と印象を語る。

 芳根と初顔合わせとなる中島は、「京子ちゃんは、(朝ドラで)全国民が見ていた人なので、どういう人かなって気になっていたんです。会った初日から、優しい方なんだろうなって風に思いました」と言いつつ、「本読みの時、京子ちゃんにずっと直視されてたんですよ。あまりの目力に、逆に目を合わせることができなくて。僕、意外と人にじっと見られるのには慣れてないんだなって気づきましたね(笑)」と芳根の印象を振り返る。

1/2ページ

最終更新:5/14(日) 12:12
シネマトゥデイ