ここから本文です

乳酸菌、ヨーグルトだけじゃない パスタ・納豆でもPR

朝日新聞デジタル 5/14(日) 9:21配信

 ヨーグルトで一般的な「乳酸菌」。消費者の健康志向に対応し、最近は冷凍食品や納豆、スナックにも入っていることをアピールした新商品が現れた。乳酸菌の加工がしやすくなったことも背景にある。

【写真】タカノフーズの「すごい納豆 S―903」

 日本製粉は冷凍パスタの「オーマイ PLUS 乳酸菌入り 3種のチーズクリーム」を2月に発売した。糖質オフなど健康に気を配る人向けのシリーズの中でも、特に人気だ。

 納豆菌に乳酸菌をプラスしたのが、2月発売のタカノフーズの「すごい納豆 S―903」。たれに乳酸菌が入っている。「免疫力に着目して開発してきた。それぞれ違う働きをするので、ダブルで健康をサポートできる」とPRする。

 2社が使うのは森永乳業が開発した「シールド乳酸菌」。ヨーグルトなどに入る「生菌体」ではなく、加熱殺菌された「死菌体」だ。比較的一般的な食品加工に使いやすい。森永乳業によると、小腸に届き、免疫細胞を活性化するという。

朝日新聞社

最終更新:5/14(日) 9:33

朝日新聞デジタル