ここから本文です

(激動韓国 文在寅政権始動)文外交、国内世論を反映 米中に慎重/慰安婦合意、強い態度

朝日新聞デジタル 5/14(日) 16:00配信 有料

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が、10日の就任から12日までに「周辺4強」と呼ぶ日米中ロの首脳との電話協議を終えた。外交方針で国内世論が割れる米中両国との会談は慎重だったが、日本には慰安婦問題での世論のまとまりを背景に、立場の違いをしっかり伝える踏み込んだ対応をした。内政を重視した国政運営が、そのまま外交に反映された格好だ。

 文氏は10日夜にトランプ米大統領と約30分にわたって協議。11日正午に中国の習近平(シーチンピン)国家主席と約40分、午後に安倍晋三首相と約25分、それぞれ協議した。ロシアのプーチン大統領とは12日に約20分協議した。……本文:2,229文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:5/14(日) 16:00

朝日新聞デジタル