ここから本文です

母の日にランの花贈ろう ひろしま夢ぷらざフェアにぎわう

産経新聞 5/14(日) 7:55配信

 14日は母の日。広島市内の大型商業施設や商店街では、母の日関連のフェアなどが展開され、プレゼントを買い求める人らでにぎわっている。

 ひろしま夢ぷらざ(中区)では恒例の「洋ランフェア」を14日まで開催。特設ブースには、コチョウランやカトレアなど約50種が華やかに並んだ。

 県花卉(かき)園芸農協洋ラン部会の主催。販売商品は農家直送のため、一般の花店で買うより3割ほど安いという。売れ筋は、2千~3千円前後のランで、ひろしま夢ぷらざでは4日間で約100万円を売り上げる人気ぶりだ。

 市内の50代の女性は、80代の義母へのプレゼントにランを吟味。「喜んでほしくて毎年、何を贈ろうか悩むけれど、ランは長持ちするのがいいですね」と話した。

 40代の男性は、73歳の実母に白いランを購入。「毎年ここで買い、『ありがとう』と渡す。(母は)特に何も言わないが、大切に育ててくれています」と商品を丁寧に抱えて店を後にした。

最終更新:5/14(日) 7:55

産経新聞